• USCPA学習中
  • 税理士法人・会計事務所・BPO
  • BIG4
  • 20代の転職
  • 女性
  • TOEIC800以上
前職
|
個人会計事務所 会計スタッフ

ご来社時の相談内容と転職の目的

ご来社時の相談内容

大学時代に公認会計士の学習経験がある相談者様。大学卒業後は公認会計士の勉強を続けながら、個人会計事務所に就職されました。当初は資格学習との両立ができていたものの、年次が上がるにつれ業務負荷も増えたため公認会計士からUSCPA(米国公認会計士)へ転向されました。

しかし現職のクライアントは国内の個人事業主や中小企業が多く、なかなかUSCPAの学習で得た知識を活かすことができない点にもどかしさを覚えたそうです。このままでは英語力の低下にも繋がることを危惧し、USCPAで学んだ知識とこれまで培った会計実務経験を活かせる環境にて転職を希望され、キャリアセンターにご相談に来てくださいました。

転職の目的・転職で実現したいこと

1:USCPAで学んだIFRS・USGAAPの知識を活かしたい
2:現職の経験を活かせるフィールドで即戦力を武器に活躍したい

キャリアコンサルタントから見た転職成功のポイント

今回の転職理由を明確に伝えること

相談者様が今回応募されたポジションはBIG4税理士法人の中でも、企業の会計業務を代行するアウトソーシング事業部でした。現職の業務内容と類似しているポジションだからこそ、今回の転職で重要なポイントは「なぜ転職するのか?」という理由・原因でした。

面接においても、そこは先方が注視するポイントだと判断し、事前に職務経歴書や志望理由の中でも、相談者様の今後のキャリアプランや獲得したいスキル等を言及するように心がけました。具体的には、下記が挙げられます。
・USGAAP/IFRSといった会計基準を使用した会計処理
・海外子会社(もしくは海外親会社)へのレポートティング
・上場企業など扱う数字の規模が大きいクライアントを担当

上記の理由をお伝えする際には、現職に対するネガティブな要素(~が出来ない、~が嫌だ)を全面に出すのではなく、ポジティブな要素(~をやってみたい、~に挑戦したい)をアピールできるように表現や伝え方を工夫し、面接対策も重ねました。

即戦力性をアピールするための棚卸し

相談者様は現職でクライアントを持ち、実際に会計アウトソーシングサービスを提供していたため、応募ポジションで求められる実務経験は十分に満たしていました。しかし一方で本ポジションでは外資系企業や日系グローバル企業がクライアントとなるため、会計実務に加えて英語耐性も選考上の論点になりやすい傾向がありました。

相談者様は留学経験もなく実務での英語使用経験もありませんでしたが、自己研鑽で始めたTOEIC学習によって860点という高スコアをお持ちでした。そのため英語力の土台はある程度固まっていること、そして英語力を補って余りある実務経験を有していることを訴求するために、これまで経験したクライアント数・業務領域(決算・税務申告・給与計算・社会保険対応等)・会社規模感・人材育成やマネジメント経験を応募書類に詳細に書いていただくよう努めました。

結果、先方からも実務面での即戦力性を期待され、シニアスタッフとして内定を獲得することができました。

同じ業界・業種の転職成功事例

「自分の専門性を作りたい」公務員から会計事務所に転身し、資格学習と実務取得の両立を実現!

  • USCPA科目合格
  • 税理士法人・会計事務所・BPO
  • 経理・財務
  • 20代の転職
  • 女性
  • TOEIC800以上
前職
|
地方公務員

将来への投資!USCPA学習中から全科目合格後を見据えて監査法人アシスタント職へ

  • USCPA学習中
  • 監査法人
  • BIG4
  • 事務・アシスタント
  • 20代の転職
  • 男性
前職
|
外資系企業を専門とする会計事務所

USCPAの新たな活躍の場!ESG領域のポテンシャル採用枠へ挑戦し、見事BIG4内定を獲得

  • USCPA学習中
  • 監査法人
  • BIG4
  • 20代の転職
  • 女性
前職
|
学校法人 管理部(経理・総務)

4年越しのUSCPA全科目合格。営業職からキャリアチェンジし、BIG4監査法人へ

  • USCPA全科目合格
  • 監査法人
  • BIG4
  • 会計監査
  • 20代の転職
  • 女性
前職
|
外資系電気機器メーカー 営業